産後や授乳中・断乳後には?

産後のイライラを我慢する女性

 

産後に気持ちがイライラしてしまってどうしようもない。赤ちゃんが授かって嬉しいはずだけれどとなやむ女性は少なくないようです。
産後うつという言葉がだんだんと知られてくるようになってきましたが、いろいろな症状があるため、自分がそれに当てはまるかどうかというのがわからず、自分で何とかしなければと過剰な負担をどうにもできないという人もいます。

 

産後のイライラの原因

授乳中であったり断乳後に気持ちのイライラが収まらないというようなことがある場合、もしかすると、育児ノイローゼということも考えられます。
育児に正解はありませんが、自分自身がそれを追い求めてしまうということで、突き詰めることで自分自身をも追いつめてしまうということがあります。
原因はそういった小さな育児への不安であったりするということですが、一方で体の変化ということも原因としてあげられるようです。
妊娠出産後には、女性の体の中でホルモンの変化が起こり、体の疲れが発生し、心も非常に疲れるということがあります。
生理前のイライラかなというように考えがちですが、わけもなく悲しくなってしまって涙がこぼれてしまうというような状況に陥ったり、物忘れがひどい、何も手につかないというような状況が起こることがあれば産後うつを疑ってみましょう。
生理前症候群においては、月経の前に頭痛であったり、体の重さ、イライラが出るということがあります。
いままでそういった症状がなかったという人でも、産後に突然発生するということもありますので、知識として覚えておくことがお勧めです。

 

産後のイライラの対処法

自分自身の気持ちがコントロールできない場合、また赤ちゃんを見ても笑顔が出てこないなと感じたら、誰かに相談をしてみましょう。
オススメは、やはり産婦人科です。
体の不調についてと同時に、気持ちの面で落ち込んでいるというような胸を話してみることが適切に診断を受けるうえで非常に大切です。
医師に直接それだけを相談に行くのがなんとなく・・というように考えている場合は、赤ちゃんを連れて出かける機会がある母乳外来で、相談してみるということも良いのではないでしょうか。
とはいえ、母乳がなかなかでないけれど、ぜったいに完全母乳で育てたいというような気持ちを持って頑張りすぎていると、産後うつなどを発症することがあることも。
できるだけ、相談しやすい環境、病院との関係を見つけるということが大切です。
自分自身がいかに楽に、そして赤ちゃんに笑顔が向けられる素敵な日々が送れるかを考え、イライラ、悲しい気持ちなどが続いているなと思ったら、早めに産後うつや、生理前症候群などになっていないかを診断してもらう様に心がけましょう。

 

生理前のイライラを改善するにはこちらの記事